便利なのにリーズナブル!オススメキッチングッズ

>

家事の中でも料理は時間がかかる

まずは整理整頓

料理が好きであればあるほど、こだわりのキッチンアイテムがあふれていることでしょう。
でも、キッチンのスペースは限られています。
「すぐ使うから」という理由もあって、キッチンに重ねて置いておいたりすると、雑然とした印象にもなるし、いざ!という時にかえって取り出しにくくなってしまっていることも。
目の前にあるよりも、分かりやすい場所に収納しておいた方が、かえって効率的なこともあるんです。
キッチンにある物をジャンル分けしてみましょう。
お鍋やフライパンなどの調理器具、キッチンツール、普段使いの食器、来客や季節限定の食器、カトラリー、ストックの食材、洗剤、消耗品など。
分類したものを使っているもの、使っていないものを分け、使っているものだけを残していくようにします。
「まだ使える」ではなく「使っている」ものに限定していきます。

収納場所は使う場所を考えて

「使っているもの」に限定してアイテムを厳選したら、次は収納場所の選定です。
ポイントは使う場所の近くに集めること。
コンロの下の収納には鍋やフライパン、シンクの下には包丁やボウル、洗剤、消耗品、といった具合です。
備え付けの収納が細かく分かれていない場合は、100円ショップで見かけるプラバスケットなどを活用して、ジャンルごとにまとめておくと、探すのもラクチンです。
消耗品などは、一か所に置いておけば買い足すタイミングもわかりやすいですよね。
重ねるよりも並べた方が探しやすいです。
引き出し収納の場合も、例えばお鍋やフライパンを重ねて収納してしまうと、取り出すのに一苦労です。
ポイントは立て収納で、ラックやファイルボックスなどをうまく使い、立てて、横に並べていく方式で収納しておくと取り出しやすいですよ。


この記事をシェアする