安価だけれど使いやすいキッチングッズとは

便利なのにリーズナブル!オススメキッチングッズ

効率UPにはキッチンの整頓から

主婦が家事に費やす時間ってどれくらいなんでしょうか。
調査によると、平均して、平日で4時間23分、休日は少し長くて4時間44分だそうです。
共稼ぎでも、約5割が2~4時間、2割はなんと4から6時間家事に費やしているというのです。
一日は24時間しかありません。
そのうち、お仕事に8時間、通勤時間を加味したら9時間として、睡眠に6時間、家事を4時間としたら、残された時間は5時間!
この5時間も、食事や入浴の時間を考えたら、自分の時間は取れて2時間程度、ということになってしまいます。
本当に主婦は働きものなんです。
家事の中でも、特に時間がかかるのはやはり料理でしょう。
調べによると、料理に費やす時間は平均して2時間12分だといいます。
つまり、一日の家事の半分以上は料理に使われているということです。
しかも、これは実際にキッチンに立っている間の時間なので、それ以外にもメニューを考えたり、買い物の時間を含めると、かなりな割合になるということなんです。
料理にかける時間を短縮することができれば、主婦の負担もかなり軽減されることになるわけですね。
負担が大きく、しかも、毎日続くことですから、料理が好きな方でも、つらくなってしまう場面も出てきます。
楽しく料理ができれば、その気持ちは料理を通して食べる家族にも伝わります。
食べることが楽しければ、QOL(クオリティオブライフ)も、おのずと上がります。
使い勝手がよく、調理の時短にも一役買ってくれるキッチングッズは、料理を楽しくしてくれますよ。

家事の中でも料理は時間がかかる

食材をカットするための包丁やまな板、炒めるためのフライパン、フライ返しや菜箸、緒魅了に、計量カップ、などなど。 料理をするときにはいろんな器具を使います。 スペースは限られているのに、物であふれていると、どうしても作業効率は下がってしまいます。

調理時間の時短にはコレ

料理を作る順序としては、野菜や肉などの食材を洗ったり、切ったりと、下ごしらえをし、そのあと、加熱します。 この下ごしらえ次第で、出来上がったお料理の舌触りや触感などを左右することもあるので、大切な作業です。 その分、手のかかる作業でもあるわけで、この工程を効率的にすることが、時短への近道なんですね。

電子レンジをフル活用

家電の普及率を調べたとき、ほぼ100%である冷蔵庫の次に来るのは電子レンジ(オーブンレンジ)なんです。 99%普及といますから、これはもう100%といってもよいレベルですね。 時間をセットしておけばその間他の作業ができるのですから、活用しない手はありませんね。